外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【カンクン(メキシコ)共同】今年の世界の平均気温が観測開始以来、最も高い水準になるとの見通しを、世界気象機関(WMO)のジャロー事務局長が2日、気候変動枠組み条約第16回締約国会議(COP16)の会場で発表した。事務局長は記者会見で、長期的傾向は著しい気温上昇を示しているとした上で「人間による温室効果ガスの排出がなければこのような上昇にはならない」と対策の必要性を指摘した。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信