外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【パリ共同】シリアのアサド大統領は2日、フランス紙フィガロのインタビューに応じ、米国やフランスがシリアに軍事介入すれば「地域戦争になる危険がある」と威嚇した。限定的な対シリア攻撃を検討するオバマ米大統領に対し、いったん介入すれば長期化は不可避だと警告する狙いがありそうだ。軍事介入が過激派の台頭や中東全体の不安定化を招き、米国は短期間で介入を打ち切ることはできなくなるとの論理に基づいているとみられる。

共同通信