外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 妻と別居中の元東京都職員の男性と12年余り同居し、介護を続けた女性が、男性の遺族共済年金支給を求めた訴訟の判決で東京地裁は28日、「事実上の夫婦だった」として、都職員共済組合に支給を命じた。判決によると、男性は1984年にこの女性と結婚し、3年後に離婚。別の女性と再婚したが、94年ごろから別居状態となった。このころ体調を崩した男性が女性に看病を求めたことをきっかけに再び同居して生活するようになった。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。









swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信