外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 厚生労働省は、自宅で暮らす高齢者が短期間入所し介護や看護を受ける「ショートステイ」の受け入れを2015年度から拡大させる。緊急時には専用の居室以外の静養室を使えるようにするほか、介護付き有料老人ホームの空き部屋もショートステイに使用しやすいよう規制緩和する。特別養護老人ホームを希望しても入れない要介護の待機者が約52万人に上ることから受け皿機能を強める。

共同通信