ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

介護ベッドで8年間に40人死亡

 介護ベッド利用者が、手すりや転落防止用の柵のすき間に首が挟まるなどして02年~今年5月に19都府県で計40人が死亡していたことが30日、独立行政法人の製品評価技術基盤機構(NITE)への取材で分かった。消費者庁は事故が頻発している事態を重視し、製品の安全性や使用法に問題がなかったか、製造業者や業界団体への調査に乗り出した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。