外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 2012年度の介護保険制度改正に向け、厚生労働省は28日、介護の必要度が軽いサービス利用者と高所得者に対する自己負担割合の引き上げなどを盛り込んだ検討項目を、社会保障審議会介護保険部会に示した。介護の必要度が軽い人には、家事など生活援助サービスを縮小することも今後議論する。必要な財源確保のめどが立たず保険料の大幅な上昇を招く恐れがあるため、負担増や給付抑制につながる見直しの是非を部会で検討。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信