外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 厚生労働省の社会保障審議会介護保険部会は25日、12年度の介護保険制度改正に向けた意見書をまとめた。高所得者に負担増を求める方針を維持したが、同時にケアプラン(サービス計画)作成費の利用者負担導入の是非について、反発が相次ぎ、賛否の両論併記に修正した。厚労省はサービスの財源確保を目指し、19日の部会でケアプランの有料化を「検討すべきだ」と提案したが、部会は判断を見送った。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信