外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 厚生労働省は19日、12年度の介護保険制度改正に向け、サービスの財源確保のため、高所得の利用者の自己負担を現行の1割から2割へ引き上げるなど、負担増を求める意見書素案を、社会保障審議会介護保険部会に示した。要介護4や5という重度者サービスを手厚くするため、要支援など軽度者の人への家事援助(掃除や調理など)を縮小させる案については賛否両論を併記して「さらに検討が必要」とした。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信