外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 厚生労働省は28日、経済連携協定(EPA)に基づいて来日したインドネシア人とフィリピン人の介護福祉士候補者が初めて受験した2011年度国家試験で、36人が合格したと発表した。受験者数は95人で、合格率は37・9%。外国人の国家試験受験では、日本語が大きな壁になっているとの指摘があり、介護、医療などの専門用語には難しい漢字に振り仮名を付け、疾病名には英語を併記するなどしている。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信