外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ロンドン共同】フランスの法律などが憲法に違反していないかを審査する憲法会議は29日、政府が13年1月から導入する方針だった最高所得税率の75%への引き上げを違憲と判断し、却下した。ロイター通信などが伝えた。税の公平性の原則に反することが理由。先進国の中で突出して高い75%への最高所得税率引き上げは、17年ぶりの社会党大統領としてオランド氏が掲げた看板政策の一つで、政権には大きな打撃となりそうだ。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信