外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【パリ共同】フランスの上下両院は22日、同国が植民地としていたアルジェリアのサハラ砂漠と南太平洋のフランス領ポリネシアで60~96年に実施した核実験で被ばくした被害者への補償を定めた法案の採決を行い、いずれも賛成多数で可決、成立。フランスで同様の法律が成立したのは初めて。モラン国防相は「わが国は、ついに歴史のある章を閉じることができた」と法の成立を歓迎。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信