外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【カイロ共同】世界最大級の産油国サウジアラビアのファハド王子がこのほど、パリ郊外の「ディズニーランド・パリ」を3日間貸し切り状態にして豪遊した。費用は1500万ユーロ(約20億円)で、自らの学位取得を祝うのが目的という。フランス公共ラジオが報じた。関係者によると、ファハド王子は5月22~24日、60人余りの招待客と共に「珍しいディズニーキャラクター」も参加した特別ショーなどを楽しんだ。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信