外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【パリ共同】来年のサッカー・ワールドカップ(W杯)南アフリカ大会に向けた欧州予選の結果が外交にまで波紋を広げている。フランス代表がW杯出場を決めた対アイルランド戦で、フランス主将のアンリ選手が決勝点をアシストした際に、ハンドの反則を犯しながら見過ごされていた問題が拡大、両国がそれぞれ自国の立場を国際サッカー連盟(FIFA)などに訴える事態となった。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信