外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【パリ共同】フランス南部トゥールーズのユダヤ人学校前で子ども3人を含む4人が死亡した乱射事件で、捜査関係者は19日、逃走中の犯人像について極右思想の持ち主かイスラム過激派との見方をしていることを明らかにした。フランス公共ラジオが伝えた。容疑者が拘束された場合、犯行の動機が大統領選の行方にも影響を与えそうな状況になってきた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信