ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

仏像の金箔の厚さは20倍以上

 京都府宇治市の平等院は31日、鳳凰堂にある本尊「阿弥陀如来坐像」(1053年、国宝)の造立当初に使われた金箔は、現代のものと比べ厚さが20倍以上あり、純度も現代並みに高いことが分かったと発表した。当時は金色に輝く仏像ほど徳があると考えられていたという。京都造形芸術大の岡田文男教授(文化財科学)が、本尊や台座、光背など計9カ所の漆箔片をエックス線分析装置と電子顕微鏡で調査した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。