外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【パリ共同】フランスの原子力安全局(ASN)は25日、フランス北部フラマンビルの原子力発電所で24日夜、小規模な放射能漏れが発生し、25日午前に食い止めたことを明らかにした。環境や作業員の健康への被害はなかったとしている。ダウ・ジョーンズ通信などが伝えた。ASNは、放射能漏れを起こした原子炉は点検や燃料交換のため7月末から停止しており、再稼働に向けた作業の最終段階で放射能漏れが起きたと説明した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信