ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

仏国営TVが不適切映像でおわび

 【パリ共同】フランス国営テレビの番組でサッカー日本代表のGK選手に腕が4本ある合成写真を映し、司会者が「(東京電力)福島(第1原発事故)の影響ではないか」と発言した問題で、テレビ局側がパリの日本大使館におわびを表明した。玄葉光一郎外相が日本時間17日未明、訪問先のパリ市内で記者団に明らかにした。玄葉氏は同日行われた日仏外相会談でも遺憾の意を示した。ファビウス外相は「申し訳ない」と述べた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。