世界の出来事

 【パリ共同】今月23日のフランス大統領選第1回投票を控え、11候補が4日、テレビ討論会で論争した。欧州連合(EU)の発展を唱える超党派の市民運動代表、マクロン前経済相は「開かれた経済、政治がフランスを前進させる」と主張、極右、国民戦線のルペン党首は「経済的愛国主義こそが国家再興の道だ」と述べ、それぞれの持論を展開した。

共同通信

 世界の出来事