外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【パリ共同】フランスのサルコジ大統領は12日、国営テレビ、フランス2の番組に出演し、自らへの違法献金疑惑を「あり得ない」として全面否定した。また、同疑惑で批判にさらされているブルト労相を、引き続き最優先政策の年金制度改革担当とすると述べ、擁護した。違法献金疑惑で大統領の支持率は30%前後に落ち込んでおり、テレビで自ら釈明することにより追及の幕引きを狙ったとみられる。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信