外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【パリ共同】パリ中心部の左派系リベラシオン紙本社の玄関ロビーと、西郊外にあるビジネス街の大手銀行ソシエテ・ジェネラルの店舗前で18日、2件の発砲事件があった。新聞社で胸と腹を撃たれたカメラマン助手の男性(27)が重体。フランスメディアが報じた。

共同通信