外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【パリ共同】来年春のフランス大統領選候補を選出する最大野党、社会党の予備選第1回投票が9日実施され、オランド前第1書記が首位となった。2位はオブリ第1書記で、両氏は候補の座をかけ16日の決選投票に臨む。予備選は社会党員のほか、投票所で1ユーロ(約102円)以上を支払い「左派支持」との誓約書にサインすれば、誰でも参加できる開かれた方式を採用。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信