世界の出来事

 【パリ共同】「政治刷新」を掲げるフランスのマクロン大統領が政治基盤を固められるかどうかの試金石となる国民議会(下院、577議席)総選挙の第1回投票が11日始まった。世論調査では大統領派の新党「共和国前進(REM)」が大躍進し、過半数を占めると予測されている。即日開票され、同日夜(日本時間12日朝)にも大勢判明の見通し。

共同通信

 世界の出来事