外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【パリ共同】フランス北部ルーアン近郊のカトリック教会襲撃テロで、同国検察のモランス検事は26日、記者会見し、警官隊に射殺された2人組の容疑者の1人は過去に2回、過激派組織「イスラム国」(IS)の支配地域入りを図り、司法当局が衛星利用測位システム(GPS)を使った腕輪により監視していた19歳の男だったと発表した。もう1人の身元は分かっていない。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信