外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【バマコ、パリ共同】西アフリカ・マリに軍事介入したフランス軍とマリ軍は28日、イスラム過激派に昨年制圧された北部の世界遺産都市トンブクトゥを奪回した。フランスのテレビなどが伝えた。フランス軍などは過激派の拠点の一つだった北部の要衝都市ガオを26日に奪回しており、それに続く大きな成果だ。一方、フランスのオランド大統領は、過激派追撃はマリ軍と周辺諸国の連合軍に任せる考えを明確にした。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信