外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン、ロンドン共同】パリで7日起きたフランス週刊紙本社銃撃について、各国首脳は「卑劣で邪悪な攻撃だ」(オバマ米大統領)などと一斉に事件を非難した。凶弾に倒れた人の多くが編集者や風刺画家だっただけに、首脳らは言論の自由など「共通の価値観」を守る立場を強調。フランスへの強い連帯と、暴力による言論弾圧を許さない決意を鮮明にした。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信