外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【パリ共同】フランスのマクロン大統領は27日、シリア情勢などを巡りトランプ米大統領と電話会談し、シリアのアサド政権が再び化学兵器を使用した場合「共通の対応を取る必要がある」との見解で一致した。また、7月14日のフランス革命記念日の軍事パレードにトランプ夫妻を招待した。

共同通信