ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

仕事への震災影響110万人

 東日本大震災で離職や休職を余儀なくされるなど、震災の直接被害で仕事に影響があった人は岩手、宮城、福島の3県で約110万6千人に上ることが8日、総務省がまとめた就業構造基本調査(速報)で分かった。そのうち約8万1千人が離職に追い込まれていた。休職者は約63万9千人だった。影響が出たのは、震災発生時点で仕事に就いていた人の42・6%に当たる。調査は15歳以上の男女が対象。3県で6万人に尋ね算出した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。