外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 虐待や性的被害を受けた子どもに被害内容を確認する聴き取りについて、仙台地検が、つらい体験を話すことによる子どもの心理負担を軽減するための手法を示した内部向けの指針を作成したことが21日、関係者への取材で分かった。小児科医による診察の導入、関係機関の連携や聴取回数の制限のほか、絵や人形を使った面接法も盛り込み、運用を始めている。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信