外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 旧優生保護法(1948~96年)下で知的障害を理由に不妊手術を強制された宮城県の60~70代の女性2人が、救済や立法措置を怠ったのは違法として国に損害賠償を求めた訴訟の口頭弁論で、仙台地裁は13日、原告側が主張する旧法の違憲性に対する反論や主張を行わなかった国に、認否や考えを明らかにするよう求めた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信