外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 世界有数の漁場「三陸沖」に近く、豊富な漁業資源で知られる仙台湾で、東日本大震災の津波により生態系に変化を与えるような大きな影響は確認されなかったことが28日、宮城県による海底調査で分かった。調査は震災後初めて。調査は津波で海底の環境が変わった場合、漁場も影響を受けている可能性があるとして、県水産技術総合センターが昨年8~9月に実施した。調査海域は金華山付近から山元町沖までの約2500平方キロ。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。









swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信