外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 仙谷官房長官は19日の会見で、国会軽視発言をした柳田稔法相の問責決議案が参院で可決された場合の対応について「本人の意思がどうなるか。状況によって予測はつきかねる」と述べ、辞任の可能性に言及した。2010年度補正予算の早期成立を図るため、辞任での決着も視野に入れ始めたとみられる。民主党内では野党多数の参院で問責可決が確実な情勢を踏まえ、辞任やむなしの見方が広がりつつある。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信