外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 菅直人首相は31日、参院で問責決議を受け野党が辞任を求めている仙谷由人官房長官を1月の通常国会召集前に交代させる方向で調整に入った。併せて1月中旬にも内閣改造に踏み切る意向を固めた。参院で野党が多数を占める「ねじれ国会」の現状を踏まえ、仙谷氏を留任させたままでは通常国会の最優先課題である11年度予算案の審議に重大な支障が出かねないと判断した。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信