外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 日本野球機構(NPB)は3日、ソフトバンクと巨人で活躍し、昨年限りで現役を引退した小久保裕紀氏(41)が常設化した日本代表の監督就任要請を受諾したと正式に発表した。小久保氏は福岡市内で取材に応じ「正式に(監督に)なれば、世界一を目指すのは当然」と意気込みを語った。正式契約は今後結ぶが、期間は2017年に予定されている第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)までの方針。

共同通信