外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 沖縄県の仲井真弘多知事は5日、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の移設先、名護市辺野古沿岸部の埋め立て工事に向け沖縄防衛局が申請した3件の工法変更のうち、2件を承認した。辺野古移設を推進する仲井真氏の任期は9日まで。退任直前の「印鑑の押し逃げ」(野党県議)に対し、辺野古移設反対派から批判が高まるのは必至だ。

共同通信