外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ローマ共同】財政健全化のため国際通貨基金(IMF)などの監視を受け入れることを決めたイタリアの首都ローマで5日、ベルルスコーニ首相の退陣を求めて数万人がデモを行った。AP通信によると、デモ参加者はイタリア全土から集まり、フランスやドイツの中道、左派系政党の議員らも参加した。イタリアでは、連立与党内の対立から首相の政権基盤が揺らいでいる。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信