外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ローマ共同】イタリアのベルルスコーニ前首相は27日、北部ミラノでホロコースト(ユダヤ人大量虐殺)犠牲者を追悼する式典に参加した際、同国の独裁者ムソリーニについて「(ユダヤ人から市民権を剥奪した)人種法制定は最大の間違いだったが、他には多くの良いことをした」と擁護した。第2次世界大戦でムソリーニ政権がナチス・ドイツと軍事同盟を結んだことについても、当時の状況では仕方がなかったとの認識を示した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信