外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 経営再建中のシャープが、イタリアで太陽電池を生産している合弁会社の保有株式を全て売却する調整に入ったことが30日、分かった。採算が悪化している欧米での太陽電池事業から撤退する方針で、今回の合弁解消はその一環となる。太陽電池事業は今後、住宅用の需要が見込める日本国内や、成長が期待できるアジアなどに絞り、収益改善を図る。株を売却するのは、イタリア電力大手エネルグループなどと共同出資して設立した「3Sun」。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信