外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ローマ共同】イタリア南部サンドナーチ市で、飼い主の死後、教会に通い話題となった犬のトミーが12日に死んだことが分かった。イタリアのメディアが13日伝えた。トミーは昨年11月に飼い主のマリアさん=当時(57)=が死去した後、毎日のように教会に行き、祭壇の前に陣取るようになった。ハリウッド映画にもなった「忠犬ハチ公」のようだと地元の人に愛されたが、13歳と犬としては高齢で病気も患っていたとされる。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信