外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ブリュッセル共同】「純粋なチョコレートなど存在しない」。欧州司法裁判所(ルクセンブルク)は25日、イタリアが「純粋なチョコ」との表示を認めていることが食品の成分表示を義務付けたEU法に違反するとして、同国に是正を命じた。1999年にEUが食品表示に関する法律を制定して以来、10年以上にわたり争われてきた“チョコ紛争”はEU側が勝利。イタリアは是正しなければ、罰金を科せられる。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信