外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ローマ共同】イタリアのメディアによると、カルデロリ上院副議長は13日の政治集会で、同国初の黒人閣僚となったコンゴ出身のセシル・キエンゲ移民融和担当相について「写真を見るたび、オランウータンに似ていると思ってしまう」と人種差別的な発言をした。副議長は移民流入に批判的な政党「北部同盟」の出身。レッタ首相は14日、短文投稿サイトで「限度を超えた発言」と非難。副議長辞任を求める声も強まりそうだ。

共同通信