外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ローマ共同】イタリアで、乳幼児の時に破傷風や百日ぜきなどの混合ワクチンを接種したことで子供が自閉症になったとして、子供の家族が保健省に損害賠償を求めた訴訟で、ミラノの地裁が9月、自閉症とワクチン接種の関連性を認め賠償金の支払いを命じていたことが25日、分かった。イタリア主要紙レプブリカなどが報じた。

共同通信