外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ローマ共同】2009年のイタリア中部地震の発生前に「安全宣言」と受け止められる判断を示し被害拡大をもたらしたとして、過失致死傷罪に問われ一審で禁錮6年の実刑判決を受けた学者7人のうち6人に対し、最大被災地ラクイラの高裁は10日、一審判決を破棄し、無罪を言い渡した。イタリアのメディアが報じた。

共同通信