外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ローマ共同】ANSA通信などによると、イタリア中部沖ジリオ島付近で起きた豪華客船コスタ・コンコルディアの座礁事故で、船に積まれた約2400トンの燃料の抜き取り作業が12日、始まった。同島周辺は美しい海と海洋生物などで知られ、燃料漏れによる環境汚染を防ぐために抜き取りが急務となっていた。作業は1月下旬にも始まる予定だったが、悪天候による高波で延期されていた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信