外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ローマ共同】1月にイタリア中部沖で起きた豪華客船コスタ・コンコルディアの座礁事故で、運航会社コスタ・クロチエレは22日、船に積まれた約2400トンの燃料の抜き取り作業がほぼ終わったと発表した。燃料漏れの危険がなくなったことで、美しい海と豊かな海洋生物などで知られる周辺での大規模な環境破壊は回避された。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信