外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 再稼働した四国電力伊方原発3号機(愛媛県伊方町、出力89万キロワット)は7日、原子力規制委員会の最終検査を終え、試験的な調整運転から営業運転に入った。東京電力福島第1原発事故を踏まえた新規制基準下では九州電力川内1、2号機(鹿児島県)、関西電力高浜3号機(福井県、司法判断で運転差し止め中)に次ぎ4基目。プルトニウム・ウラン混合酸化物(MOX)燃料によるプルサーマル発電を行う国内唯一の原発となっている。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信