外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 静岡県伊豆半島の東―南沖に、全長100キロ以上の海底活断層帯があるとの研究結果を、神奈川県温泉地学研究所などのチームが4日までにまとめた。陸から約2キロしか離れていない場所もあり、地震を起こすと短時間で津波が来る恐れもあるという。断層が一度ですべて動いた場合はマグニチュード8級の地震となる可能性があり、影響は東京や愛知など広範囲に及ぶとみられる。「活断層とみるべきで、さらに調査が必要」としている。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信