外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ローマ共同】イタリアの最大野党民主党は12日、左派野党の価値あるイタリアと共に、ベルルスコーニ内閣の政策を不満として内閣不信任決議案を下院に提出した。与党は下院で過半数割れしており内閣は総辞職の危機に立つ。採決時期は来月になるとの見方が強い。投票で鍵を握る下院議長派はこれまで不信任には同調してこなかったが、首相の買春疑惑など問題が続出したことで態度を一変させた。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信