外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ローマ共同】イタリア国内で7日、ベルルスコーニ首相に対する辞任圧力が強まった。下院で8日に予定される決算関連法案の採決で、離党者が相次ぐ与党の票が過半数に達せず、否決される可能性があるためで、野党のみならず与党内からも辞任を勧告する声が出始めた。7日には首相と親しい記者がウェブサイトで辞任の観測を流したところ、同日ユーロ発足以来最高となったイタリア国債の利回りが一時下落。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信