外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ローマ共同】イタリアの新大統領を選ぶ上下両院議員ら1007人による合同会議は19日午後、4回目の投票を実施したが、議会最大勢力の中道左派連合が推すプローディ元首相(73)は当選に必要な過半数を占められなかった。これを受けて中道左派を率いる民主党のベルサーニ書記長(61)は同日夜、新大統領選出後に書記長を辞任する意向を表明した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信