外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ローマ共同】イタリア憲法裁判所は25日、現行選挙制度の一部を違憲と判断した。これを受け、新選挙法の制定に向けた与野党の協議が本格化する。憲法裁によると改正選挙法はすぐに適用が可能で、早ければ夏までに前倒し総選挙が実施される可能性が出てきた。

共同通信